社員研修の意味と目的

会社に入社して初めて受ける新入社員研修やキャリアアップ研修などは、会社によって内容も異なり、必ずしも研修が行われるわけでもありません。したがって、研修内容はその会社の考える社員教育の考えがとても明確に表れる要素の1つです。
社員研修の大きな目的は、社員のスキルアップと社内コミュニュケーションの活性化です。社員個人のスキルアップやキャリアアップだけでなく、研修を通じて社員同士や各部署間の繋がりを強くする効果があります。
大企業になると研修自体を外部の教育機関や会社に委託することも多くなり、規模や人数も大規模になります。外部に委託する事で、教育のプロによる専門的な研修が行えるのでとても効果的です。このような目的を達成することが社員研修の主な目的となっています。

研修がない会社イコール悪い会社ではない!

研修がもたらす効果や意味を考えると、研修を実施していない会社は社員に対して期待していないと捉えがちです。しかし、一概に研修をしない会社が駄目な会社とはいえません。
研修はあくまでもその会社が考える社員教育の方法の1つです。研修を行わなくても職場の人間関係が密接で、技術やビジネススキルを上司と部下の上下関係だけで築く事ができる会社もあります。また、社員の人数が少ない場合は、わざわざ研修というカタチをとらないほうが効率的に学べる場合があります。したがって、研修の有無で会社の能力やレベルを判断してはいけません。それよりも、研修がある会社はその研修の内容や評価方法、研修がない会社は社内のOJT制度などの制度自体の質で判断する事が重要です。