社員を教育するのが社員研修

社員研修というのは社員を教育するための研修のことです。
普通の人が就職して一番最初に会社で行うのは新人研修であり、これらの研修では実務的な内容云々よりも社会人としての最低限のマナーを学んだり、会社のルールなどを徹底的に教えるための機会として設けられることが多くなっています。新卒の研修の場合には学生気分からいち早く抜け出せるように、あえて厳しく研修を行うこともありますが、その方針は会社の社風や研修のやり方によって様々です。社員を教育して企業全体で使える人材にするばかりではなく、社会全体に貢献していける人材に育て上げていくのが社員研修であり、その研修の方法については企業ごとに特色や違いなどが存在します。

研修では外部講師が招かれることもある

社員研修の際には、企業内の人材だけでは教えることができないような専門的な内容を教えることがあります。
その際には社内の人材を無理に使うのではなく外部から講師を招いて研修を行うことが多くなっています。例えば新任研修でマナーを教える際には、マナーについて精通した講師を、幹部研修などを行う場合には、これまで様々な企業のマネジメント部署で働いてきた人材などが講師として任用されることが多くなっています。社員研修では専門性の高い人材からより詳細なスキルや知識を伝達してもらうことができるため、短期間でかなりステップアップさせることが可能です。社員研修はやり方によっては社員の能力をうまく引き出していくことができます。